純度

マーチンゲール法についてこれだけは押さえておきたいポイント

ポールポジションルーレットで赤黒勝負 10003

マッサージ込みでボラレタ15万wて 恐れ入りました。

「勝率75%」タグが付いているQ&Aの一覧ページです。「勝率75%」に関連する疑問をYahoo!知恵袋で解消しよう!

Written by Admin and from Overblog。 カープ40 カープ40。

Help & Support

はじめに、の項目 を5年ぶりくらいに復活させました。 これを消失させていたことを、最近ようやく思い出しました。初めてこちらのサイトを訪れる方へのご挨拶を忘れていたとは。うかつでした~。 新規訪問の方々、申し訳ありません。 お教室は皆様の遊び場です。日常を離れて心を解放する場所です。私は遊戯係でして、私の企画する遊びはお菓子作り。それから~お喋り。 姦しいという字は女が3人。女性はお喋りが大好きな性質があるのです。男性はその反対かもしれませんが、それは性質の違いです。なので、話し相手を間違えてはいけません。話す相手は女性二人に。女が3人いれば無敵です。その場合、通りすがりの利害関係のない人が良いです。例えば教室でしか会わない苗字も知らないA子様やB子様とか。 私は教室で、皆様を下の名前に様付で呼びます。理由は、お互いに苗字は知らなくてもよいからです。どこの誰か深く知る必要はないのです。互いに公平な視点から話をしたければ、私情の入る余地が生まれる背景は抜きにした方がよいからです。 女性にとって、このようなお喋りは良いことです。何故ならばカウンセリング的な役割があるからです。人の話を聞くのも自分の話をするのも、どちらも有効です。 ほとんど全ての人の話は普遍的な事柄です。なので人の話を聞きながら自分を見つめることができるし、自分の話をすることで他者の意見を聞くことができます。これは、何かに悩んで一人で悶々とするよりも健全なことです。 かっこよく表現してみよう。 私は教室で皆様と知恵や教訓の共有を目指しています!よって、ありとあらゆる種類のお喋り大歓迎! 自分の話をしたくなければ人の話を聞いているだけでも自分の人生の役に立ちますよ。同じ事が色々な人に形を変えて起きるものですから。 お喋りは嫌い!とマッチョな思考でいるのに心が晴れない方、もしかすると姦しさが足りないのかも。ここにはよい喋り場がありますよ~ 私は今日もLieu de Conversation営業中。 このお仕事は本当に楽しいですね、天職だ。 明日もまた、皆様のお越しをお待ちしています! 先週、 M様PVレッスンでヴィクトリアケーキとイースタービスケットをやりました。 これらは英国菓子クラスのメニューで、裏にあります。現在は表メニューに出していないのです。もちろんページを作る予定ですが。つまり、まだ編集段階にもないというのが正直なところ。 私のお菓子教室のHPですが、今よりもっと分かり易く、美しくまとめたサイトを構築したいと思っています。 ちょっと、待っててください!! ヴィクトリアケーキは上の如く、バター生地の間にラズベリージャムとカスタードクリームが挟まっております。イギリスでよくあるのは、生地を半分にしてジャムとクリームが同じ層に重なってるものですが、それは食べにくいし切りにくいので、私は独自に、このように3層にして、各層にジャムとクリームを別々に挟んでいます。こうすると、切り易く食べやすく食感もよくなります。紅茶がすすむ典型的な英国菓子です。 イースタービスケット、昔大好きだった。私の少女時代は読書と同時に製菓の独学の時代で、まず先に文学作品があり、作中に出てくるお菓子を、レシピを探して再現するのが趣味でした。お菓子作りを始めるきっかけは欧米文学作品です。イケてる?小学生でした。 教本の全ては図書館の中にありましたので、よく考えればネットがなくても便利ではありましたね。図書館というのは良い場所でした。今は多忙な上、図書資料もネットで予約して武蔵小山駅前で貸出返却もできてしまうので、図書館本体に行くことは全くないです。 イースタービスケットのレシピを最初に見つけたのは洗足図書館だったか、荏原図書館だったか。 そもそも、イースタービスケットとは、どういうものかと言えば、キリスト教の復活祭の時期に食べるクッキー。ヴィクトリアケーキの隣のクッキーのことです。 レーズンとレモンのシュガービスケットです。 写真に撮っても全然フォトジニックではない。何のことはないフツーのビスケットに見えますね! 味はレーズンとレモンのクッキーです。シンプルは美味しい。以上。 4月はイースター、ということで、飾りテーブルにイースターエッグを飾っております。こちらは洋のお菓子教室、雰囲気出しておこう~。

ニース、サンレモ、モンテカルロ

トップデッキ勝負になったりギリギリのダメージレースになると皆「So close」「Close game」と分かり易い英語を言ってくれる。「Yeah so fun! 我が友、Marshall Satcliffだ!元々はポーカープレイヤーであり、公式のカバレージ・実況・リミテッド記事・ポッドキャスト番組Limited Resourcesの司会を務める、マジック関係コンテンツ界のスーパースターだ。 これは快適だったなぁ。途中のラウンドでプレイヤーが「なんでこんなに席が広いんだ!?」と驚いていたところに他の卓のプレイヤーが「Welcome to Diamond VIP play erea」と言ってて、あ~なるほどそういえばそんなの書いてあったなと。ウェルカムと言われた彼はお~毎回お前らと当たりたいぜと良い笑顔だったのも印象深い。

ディスカッション