純度

アメリカで出る確率が高いカジノ最高額

確率ジャックポットカジノ年齢制限 26500

日本の友好国としても知られているオーストラリアにもカジノがある のをご存じでしょうか?コアラやカンガルーといった大自然を想像されがちなオーストラリアですが、実はカジノ大国でもあります。

ラスベガスのカジノホテル

ラスベガスといえばカジノ、カジノといえばラスベガス。そんなラスベガスにやって来て本場のカジノをエンジョイしない手はない。  あまりのめり込みすぎるのも問題だが、せっかくはるばる日本からやって来たからにはぜひ楽しんで帰りたいものである。 ところが残念なことに、カジノにまったく興味を示さない日本人観光客も少なくない。  やりたくてもルールがわからない、英語に自信がないというのであればそれはそれで理解できるが、 「ギャンブルは罪悪だ」 、 「絶対に勝てないように仕掛けられている」 、 「どんなに小額でもカジノでおカネを失うのはバカバカしい」 など、勝手な誤解や偏見を持ち、せっかくの体験チャンスをみずから放棄してしまっている者が少なからずいる。(下の写真はラスベガスのカジノ街)。 もちろん「やる・やらない」は個人の自由だが、ラスベガスまで来て遊び心を持つ余裕がないのもあまりにも寂しすぎはしないか。  またそのような誤解や偏見をまわりのビギナーたちに説教している輩も見かけるが、もはやそれはまわりの者にとって迷惑千万な話だ。 とにかく本場ラスベガスまで来てギャンブルをやらないということは、 ハワイへ行ってビーチに一度も出ないようなもの と考えたい。勝ち負けはともかく、なんでもいいからトライしてみようではないか。 少なくともここアメリカではギャンブルそのものに対して罪悪という雰囲気はほとんどない。  罪悪なのは 「ギャンブルにのめり込むこと」 であって(いわゆるギャンブル中毒)、ギャンブル自体は単なるエンターテインメントとしてとらえるのが普通の一般的な考え方だ。だからラスベガスでは老若男女がバケーションの一コマとして楽しそうにギャンブルに興じている。 一方、日本では、ギャンブルという言葉そのものに何か暗いイメージが付きまとい、金額の大小にかかわらずギャンブルをたしなむこと自体が不健全な行為として見られがちだ。  日本では昔から勤勉に働いて収入を得て、そうして得たおカネを本当に必要な物にだけ使い、残りは大切に貯蓄する。そのような価値観が美徳とされてきたためか、労せずして大金を得たり、無意味に貯蓄を減らすようなギャンブルには拒絶反応を示す者が少なくない。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

しかし、実際に大きな金額のジャックポットを当てることは 下表の確率を見ればわかるように 非常に難しい ことです。 特にラスベガスのウィールオブフォーチュンやメガバックスといった 巨大なジャックポット金額を示すスロットマシンは、 非常にお粗末なハウスエッジをもっているので、。 しかも「ミステリージャックポット」といって、 ジャックポットに特定の絵柄がありません。

ディスカッション