所在地

ラスベガスのホテルの選び方 - 経験談からわかりやすく解説!

選び方高級カジノリゾート 19236

ソウル エンターテインメント・遊ぶ ソウル カジノ 韓国 エンターテインメント・遊ぶ 韓国 カジノ。

マカオカジノで遊ぶルールとマナー

カジノフロアは、鳳凰殿 Phoenix・ほうおうでん 、麒麟殿 Golden Fish・きりんでん 、帝王殿 Imperial House・ていおうでん 、赤龍殿 Red Dragon・せきりゅうでん の4つのエリアに分かれており、遊べるゲームは、バカラ、ブラックジャック、ルーレット、スロットなどの定番ゲームはもちろん、大小、ファンタン、カリビアンポーカー、3カードポーカー、3カードバカラなどのカジノゲームも楽しむことができます。 グランド・リスボアには、ミシュランで星を獲得したレストランが4つあり、そのうちの2つはミシュラン3つ星のレストランとなっています。一つは、香港の建築家アラン・チャンがデザインした「The Eight(ザ・エイト」となり、斬新なスタイルで作られたこのレストランでは、広東料理を楽しむことができます。もう一つは、ジョエル・ロブションの「Robuchon a Galera(ロブション・ア・ガレーラ)」となり、芸術性のある料理や種類以上の豊富にそろえられたワインを、グランド・リスボア最上階のドームからマカオの壮大な眺めを鑑賞しながら楽しむことができます。

ソウルのカジノの基本情報

何故カジノと言えばマカオなのか?その歴史は香港・マカオがそれぞれ植民地だった時代にまで遡ります。当時イギリスの植民地であった 香港では賭博が禁止 されていましたが、お隣マカオはポルトガルの植民地であったため、賭博が許可されていました。 コタイエリアはマカオの2つの離島・タイパ島とコロアネ島の間に出来た埋め立て地。以前はマカオ内の人口密度の高さを解消するために埋め立てられた住宅地でしたが、多くのカジノやリゾートホテルが建設された影響で、 現在は人気の観光地 になりました。

ラスベガスのエリア基本知識

マカオはギラギラとネオンが輝くカジノの街で、今でも開発が進みより華やかな都市へと発展しています。正式名称は、中華人民共和国マカオ特別行政区、年にポルトガルから中国へ返還され、今や世界的に有名なカジノや世界遺産を持つ観光地です。以前は、中国の珠海市に接するマカオ半島と沖合に浮かんだタイパ島、コロアネ島からなる国でしたが、今はタイパとコロアネの間が埋め立てられコタイという地域が作られたため、大きな島になりました。マカオタワーやモンテの砦、セナド広場やマカオ博物館など他にも観光地がたくさんあります。また、レストラン、ショッピング、エンターテイメント、ウォーターパークが1つの巨大な統合型リゾート施設として建設されており、もはやカジノなしでも楽しめる所です。そんなマカオ旅行の拠点となるホテルは、どこにすれば良いのでしょうか。カジノ?観光?リゾート施設?目的は様々ですが、今回は、数多くあるマカオのホテルから厳選してオススメのホテルをご紹介します! マカオおすすめホテル 【マンダリン オリエンタル マカオ】 【シェラトン マカオホテル コタイセントラル】 【グランド ハイアット マカオ】 【コンラッド マカオ コタイ セントラル】 【ウィン パレス】 【JW マリオット ホテル マカオ】 【ザ ベネチアン マカオ リゾート ホテル】 【ホテル オークラ マカオ】 【フォー シーズンズ ホテル マカオ コタイ ストリップ】 【ホリデイイン マカオ コタイ セントラル】 【グランド リスボア マカオ】 【サンズ マカオ ホテル】 【プルマン ホテル 珠海】。 コタイの中心に位置し、 コタイストリップの景色が眺められる シェラトン グランド マカオ ホテルは、レストラン4軒や屋外プール、ジムなどもあり、子供連れにも優しいサービスが用意されています。 ショッピングモールSandsCotaiCentralに併設 しており、客室でゆっくり休憩をはさみながらショッピングやお食事、カジノに出かけられる魅力的なホテルです。 コンラッドマカオは、コタイの中心に位置し、併設したショッピングモールがグランドシェラトンとつながっています。周りのホテルに比べて 落ち着いた雰囲気があり静かに過ごしたい という宿泊客には人気が高いです。 ウィン パレス(Wynn Palace)は、マカオ中心部コタイに位置し便利な立地で、魅力ある噴水ショーや、数々のアート作品に溢れる高級リゾートホテルです。館内には数多くの高級ブランドショップやレストランがあり世界の色々な料理が楽しめます。

HOTEL vs MOTEL

ラスベガスのエリア基本知識 HOTEL vs MOTEL 目的別 - 短期旅行・観光メイン - 長期滞在 - ショッピング目当て - ラグジュアリー重視 - コスパ重視 - 子連れ・ファミリー層向け。 ラスベガスへのご旅行を考えられているならご存知かもしれませんが、 メインのエリアは「ストリップ」 です。ストリップは直線の一本道で、ここに メインのホテルやアトラクション、ショッピングが集中しています 。 ストリップは、 マンダレーベイ のあるRussel Streetから、 トランプタワー を超えてもうちょい北のSahara Avenueまでとされていますが、楽しいエリアは巨大モールのファッションショーやウィンあたりまでと言っていいでしょう。恐らくですが、多くのアメリカ人もストリップはここで終わると思っている人も少なくありません。(笑)。 マンダレーベイからファッションショーあたりまでを 止まらずに歩いた場合、約30分くらいかかります が、40度超えの灼熱の中歩くと死ぬので、途中あるホテルに逃げ込んで歩くことになります。(冬は寒いです。)。 ストリップ観光出ない場合は、 基本タクシーやUberなどのライドシェアを使って移動する ことがメインになってくるでしょう。

ディスカッション