所在地

個人年金保険のデメリット|入る前に必ず確認すべき落とし穴とは?

を選ぶべき理由入金最低掛け金 36784

お使いのブラウザはJavascriptが無効になっているため、 サイトを快適にご利用いただけないかもしれません。 Javascriptを有効にして下さい。

未来を楽しむ終身保険をオススメする2つのポイント

公的年金の将来性に不安もある中、老後に向けた貯蓄として真っ先に思いつくのが個人年金保険ではないでしょうか? 老後の生活資金の準備に適した保険であることは確かですが、実は気をつけたほうがよいデメリット・注意点があることも事実です。 デメリット1つ目は、個人年金保険を途中で解約すると損をするということです。 個人年金保険を解約すると解約返戻金が戻ってきますが、基本的にその金額はそれまでに支払った保険料の総額よりも下回ります。 特に加入してから3年目くらいまでの返戻率は低くなっています ので注意が必要です。 このように個人年金保険は、年金受取開始年齢近くを除き、解約した場合にはたいてい元本割れしてしまいます。 加入する場合には途中で解約することがないようなプランにすることが大切 です。 一般的に 資産運用をするときには、これから金利が上がっていきそうな場合は変動金利を選ぶのが基本 です。これから金利が上がるのに低い金利で固定してしまうのはもったいないですよね。この反対で、 これから金利が下がっていきそうな場合は固定金利を選ぶ のがよいとされます。

未来を楽しむ終身保険

残念ながら投資に「絶対」はありません 。また「つみたてNISA」には、元本保証の商品もありません。 しかし、「つみたてNISA」なら、損をする確率を減らすことは可能 です。 積立投資を長く続ければ、一時的に損失が出ても、いずれプラスに転じる可能性が高くなります。 「つみたてNISA」の非課税投資期間は最長で20年間もありますから、時間を味方につけて、運用成績がプラスになるまで積立投資を続ければいい のです。 一般的には、ネット専業証券のほうが、銀行や対面型証券会社よりも各種手数料が安くなっています。しかし、 「つみたてNISA」の場合は制度上、取扱商品の売買手数料はいずれも無料で、口座管理料もかかりません。したがって、コスト面では金融機関による差はまったくありません 。

ディスカッション