所在地

和歌山)IRの事業予定地 県が76億円で購入へ

のレビュマリーナシティカジノ 19000

ア 国際競争力の高い魅力ある滞在型観光の実現への寄与 イ 経済的社会的効果 ウ IR 事業を安定的・継続的に運営できる能力及び体制 (エ)IR 区域の整備について、 地域における十分な合意形成がなされており、IR事業が長期的かつ安定的に継続していくために不可欠な地域における良好な関係が構築されていることが求められる。 エ カジノ事業の収益の活用 オ カジノ施設の設置及び運営に伴う有害な影響の排除。

朝日新聞官邸クラブ 公式ツイッター

横浜市の林文子市長は22日の記者会見で、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致に乗り出すことを正式に表明した。 一部省略 誘致表明は大阪府・市と和歌山、長崎両県に続き4カ所目。さらに北海道や東京都、千葉市なども誘致を検討している。 「横浜の飛躍にIRが必要」正式に誘致表明 産経新聞 年8月22日。 和歌山県IR基本構想 PDFデータ。 こちらのページにある 和歌山県IR基本構想 PDF が分かりやすい資料になっています。 投資意向のある全ての事業者の関心が和歌山マリーナシティに集中したため、候補地と決定しました。 事業者からは、「関西国際空港から近い」「京阪神へのアクセスが良い」「造成済で、すぐに着工が可能」「マリンスポーツ・マリンレジャーの聖地である」ことが高く評価されています。 引用 県民の友年7月号 P。

誘致レース(911)和歌山県=県 IR誘致応援署名を受領。4164筆~地域合意は評点対象

お使いのブラウザはJavaScriptに対応していないか、または無効になっています。詳しくは サイトポリシーのページ をご覧ください。 この記事は 有料会員記事 です。有料会員になると続きをお読みいただけます。 この記事は 有料会員記事 です。 All rights reserved。

ディスカッション