所在地

メキシコのオンラインギャンブラーは今後幻の存在になる

結果発表メキシコカジノ 20910

中国人が主催している「ラスベガス・グランドキャニオンツアー」に参加。 言語は、中国語と英語 2泊3日のプランで2万円だった気がしますが、安くてびっくりした記憶があります。 最初と最後に寄ったショッピングモール セール中で靴を半額で買いました。

このニュースをシェア

しかし、どうやら国際的にも、パチンコ機・パチスロ機は「ギャンブル用電子的ゲーム機械(EGM=Electric Gaming Machine)」だと見られているようだ。その前提に立つと、全世界のギャンブル機の約60%が日本に存在することになる。だから日本は「世界有数のギャンブル大国」で、「世界一ギャンブル依存症の多い国」なのだ。 高橋洋一「ニュースの深層」 長谷川幸洋「ニュースの深層」 伊藤博敏「ニュースの深層」 町田徹「ニュースの深層」 歳川隆雄「ニュースの深層」 田崎史郎「ニュースの深層」 山崎元「ニュースの深層」 井上久男「ニュースの深層」。

日本にカジノを作る意義があるとしたら、一つだけ

外国企業 誘致。 メキシコ北部のヌエボレオン州は6月10日、同州独自の信号システムを発表し、「不可欠な活動」以外の活動を段階的に再開していくことを発表した。同州は6月5日に連邦の信号には従わないと発表した9州の1つ( 年6月8日記事参照 )だが、独自の信号の5月最終週と6月第1週の色を公開し、それを基に不可欠な活動以外の活動についても翌11日から再開を認めた。 同州の信号システム は、(1)一般病床利用率、(2)ICU病床利用率、(3)1日当たりの検査能力、(4)1日当たりの感染確定数、(5)感染増加率、(6)呼吸器疾患患者数の前年同期比増加率、(7)肺炎患者の前年同期比増加率、(8)1日当たり検査数、(9)感染確定率、(10)1日当たり平均死者数、の10項目で、それぞれ色を付ける。5月最終週は(5)が黄色のほかは10項目中9項目が緑(青)、6月第1週は(2)と(5)が黄色のほかは全て緑となっている。

ディスカッション