所在地

ブラックジャックスイッチのルールとやり方を画像付きで徹底解説

カードカウンティングのブラックジャックバヌアツカジノ 60457

ブラックジャックゲームは、 親(ディーラー) と 自分(プレイヤー)と1対1で勝負 する、手持ち2枚からスタートし、 合計数字が「21」に近い方が勝ちとなる、カードゲーム です。

ブラックジャックのカードカウンティングとは?

ブラックジャックスイッチは、 親(ディーラー) と 自分(プレイヤー)と1対1で勝負 する、手持ち2枚からスタートし、 合計数字が「21」に近い方が勝ちとなる、カードゲーム です。 ブラックジャックのアレンジゲームで、大きく違うのは 最初から2つのハンド(手札)で始まり、最初の1回だけカードを入れ替える(スイッチ)事が出来る 点です。

関連記事(一部広告)

そしてその勝負は、個々のプレーヤー(自分を含めた他の一般の客)とディーラー(カジノ側のスタッフでトランプを配る人)との 1対1 の対戦形式で勝敗が決められる。つまりプレーヤー同士(客同士)は互いにまったく関係ない。 超初心者読者のために、もっと具体的にわかりやすく説明するならば、Aさん、Bさん、Cさんが着席しているブラックジャックテーブルにおいて、あなたも参加して合計4人でプレーすることとなった場合(ディーラーも含めると5人)、対戦は、Aさんとディーラー、Bさんとディーラー、Cさんとディーラー、そしてあなたとディーラーがそれぞれの手で勝負することになり、参加者同士は対戦相手ではないので、互いの手はまったく関係ない。  とにかくわかりやすい単純なゲームなので、まずは恐れずに参加してみるとよいだろう。以下は参加の手順だ。 この 「賭け金を決める」 という動作は、自分の目の前のテーブル上の指定された位置(多くの場合、丸や四角、もしくはそのカジノのロゴなどが描かれている場所)に賭け金を置くという行為で、それがゲームへの参加の意思表示となる。 ディーラーに配られた 2枚のカードのうちの1枚は全員に数字が見えるように表向きに配られる。この見えているほうのカードのことを 「アップカード」 というが、実戦でこの言葉が使われることはないので、この言葉をあえて覚える必要はまったくない。 以下の写真で言えば、手前がディーラー側で、指が見えているほうがプレーヤー(客側)、赤く見えるものがプレーヤーが置いた賭け金、そして「 ハートのQ 」がディーラーのアップカードということになる。 各プレーヤーはディーラーのアップカードからディーラーの最終的な手(最終的な数字の合計)を推測しながら、自分がさらにカードをもらうかもらわないかの判断をする。   [21] を超えるまでは何枚でもカードを引くことができるので、もらいたければディーラーにその意思を伝える。

トランプ・ブラックジャックのルールとやり方を画像付きで徹底解説

ブラックジャック(BJ)とは、 プレイヤー(自分)とディーラー(親)1対1の勝負で 、 手持ち2枚からスタートし、合計数字が21に近い方が勝ちとなる 、カードゲームです。 ブラックジャックと、3枚以上で21を作った場合では、 ブラックジャックが優先勝ち になります。さらに、 ブラックジャック同士の場合は引き分けでは無く、ディーラーの勝ち 。

ディスカッション