所在地

IWALLETを完全解説!登録方法から入金・出金方法、手数料までご紹介

時間制限アイウォレットスロット 20026

iWallet口座に入金する前に、改めて遊びたいオンラインカジノがiWalletに対応しているか確認しておきましょう。 iWalletに対応しているオンラインカジノは以下のとおりです。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

こんにちは!Casimo編集部の笠原豪です。 今回は、 オンライン決済に使えるアイウォレット について徹底的に解説していきます。 オンライン決済と言えば一番の有名どころはエコペイズですが、アイウォレットを扱うサイトも徐々に増え、 現在は日本で安全に遊べるオンラインカジノのほとんどで決済手段として採用 されています。 また、アイウォレットは プリペイドカードを作れば日本全国のATMで日本円出金可能 、さらに 日本語完全対応 とオンライン決済手段が数少ない日本人にとって嬉しいサービスばかりなんです。 この記事では、 「アイウォレットの特徴 」「アイウォレットの使い方」「手数料・利用限度額」 など、幅広く解説していきます!

iWallet口座に入金する各方法のメリット・デメリット

オンラインカジノの入出金や、オンラインショッピングの際に利用できる iWallet(アイウォレット) 。 クレジットカード決済と比較しても手数料が安く、業界最安クラスを誇っています。さらに便利なプリペイドカードが発行でき、 iWalletから資金をチャージすると世界中で買い物ができたりATMから現地通貨で出金できたり します。 iWalletはイギリスに拠点を置く決済サービスですが、 サイトが日本語に対応 しているため英語が苦手な方でも簡単に利用できます。

アイウォレットが使えるカジノ

アイウォレットの口座開設は、本人確認書類の提出が無い、一般会員であれば、3分もあれば口座開設ができてしまいます。 登録者自身が申請したメールアドレスと、個人情報のみの登録という簡単な情報のみの開設なので、使える上限が約ドルと決まっていますが、とりあえずすぐ使いたいという場合に重宝されています。 口座開設済みであれば、誰でも申し込むことができるのが、ATMで資金の入出金ができるプリペイドカード。 アイウォレットは、VISAやMASTERといったカード会社と提携し、各居住地域に応じたカードを発行しています。 1回の引き出し上限や手数料の高さはネックではありますが、オンラインペイメントを使う上では必須の一枚です。 エコペイズほどではありませんが、徐々に取扱されているカジノが増加して、どんどん使いやすくなっているアイウォレット。 遊んでいる複数のカジノからの出金をアイウォレットにまとめれば、最後の引き出し時の手数料を安く抑える事ができます。 アイウォレットの口座開設方法 まずは口座開設ページを開きます。 アイウォレットのウェブサイトにアクセス後、右上にあるピンク色のボタンから「新規口座開設」を選択。 先程の新規口座登録で、口座作成はできていますが、これだけでは、HKD8,(USD1,相当)しか利用する事ができません。 この上限金額では、使い物にならないので、本人確認情報(KYC書類)を提出して、口座の利用上限をエグゼクティブ会員にアップグレードする必要があります。 KYC書類とは、本人確認書類と住所証明書類の事になります。 一般的には、以下を提出すれば問題ありません。

ディスカッション