推定

神域のカンピオーネス

で通貨を変更すネコのスリンゴスロット 6558

集英社 ・ ダッシュエックス文庫 より年12月から刊行されている。神話世界と呼ばれる異世界を旅してその筋書きの改編を試みるという内容 [1] で、作者の前作『 カンピオーネ!

Group site links

ヤサコこと小此木優子は、 金沢市 から大黒市に引っ越してきた。引っ越し早々に、ヤサコは謎の電脳生物イリーガルに遭遇する。電脳ペットのデンスケは、イリーガルからヤサコを守ろうとして古い空間に迷い込んでしまう。それを救ったのが「電脳探偵」を名乗るフミエだった。これをきっかけに、ヤサコは電脳探偵局に入会する。その夜、ヤサコは自分の幼い頃の絵日記に「」の文字と鍵穴のような絵を見つける。さらに、夢の中の鳥居が連なる階段で「僕は、君の兄だ」という声を聞く。翌日、ヤサコは転入した大黒市第三小学校でフミエと同じクラスになる。ところがその日の放課後、彼女らは市が導入している電脳空間のウイルス駆除ソフト「サッチー」に追われる。そしてそのどさくさのなか、デンスケが謎の少女に誘拐されかける。コイル電脳探偵局の主であるメガばあは、その少女の調査をフミエらに指示する。どのようにして少女を捜し出すか、思案にくれるふたりのまえに、もう1人の転校生として現れる少女。彼女こそが件の謎の少女、イサコこと天沢勇子だった。 歌詞については、オープニングでは表示されるが、エンディングでは表示されない。但し 字幕放送 では歌詞が表示される。 両曲とも、テレビ版(TV EDIT)は「電脳コイル サントラ音楽集( 徳間ジャパンコミュニケーションズ 、TKCA)」に収録されている。主題歌シングル(ソニー・ミュージックレコーズ、通常盤:SRCL、初回生産限定盤:SRCL〜7)に収録されているロングバージョンは、両曲とも2 - 3番が付加されているだけでなく、1番の歌詞や編曲もテレビ版とはアレンジが少々異なっている。最終回(第26話)では、そのロングバージョンの「空の欠片」が使用されたが、ボーカルトラックは1番のみでカットされ、そこからラストシーンまでは、同じく主題歌シングルに収録されている伴奏のみの「backtracks」という演出だった。

ディスカッション