推定

ベトナムにはカジノがある? 服装や年齢制限、ホテルにある店舗も紹介

日本人限定のカジノがフーコック 53122

コロナ・カジノのゼネラルマネージャー、ゴラン・ミロシェスキ氏は、Inside Asian Gamningに対して、年1月に第1フェーズをオープンした21億米ドル(約2,億円)の同リゾートが4月21日に営業を再開したと話した。しかしながら、施設のどのエリアでも、一度に入れる人の数が30人以下に制限されており、各日営業時間は午後6時から午前6時までの12時間のみとなっている。また、今後通知があるまで公のイベントは許可されていない。

カジノ建設が承認される。面積は世界2番目!

現在、ベトナムには、9つのディーラーカジノを備える統合型リゾートが稼働中。 ほとんどが小型施設であるが、東南部のバリア=ブンタウ省のThe Ho Tram Strip、キエンザン省フーコック島のCorona Resort and Casinoは大型IR。 なお、ホテル内設置の電子ゲームパーラーは、約20ヵ所に存在する。 ベトナムでは、ローカル(内国人)のカジノ入場を禁止。 年3月のカジノ法令(政府が指定する施設にて、要件を充足する国民のみが入場可)の施行後、年1月に開業したCorona Resort and Casinoのみローカルが入場可能なカジノ施設を有する。 アジア太平洋地区において、営業停止中の施設は、韓国のカンウォンランド(唯一の自国民の入場可能な施設)および外国人専用施設、カンボジア、ベトナム、フィリピン・マニラ首都圏、マレーシアのResorts World Genting(唯一のカジノ施設)、オーストラリア・ニュージーランド全施設など。 施設開発者は、Phu Quoc Tourism Investment and Development社。資本の半分は、ベトナム最大のコングロマリットであるVingroupが所有。 カジノ部門のマネジメントサービスは、オランダのUpffinity Gamingが担当。カジノ部門のデザインは、Steelman Partners。 IR施設の概要は、 ・投資額=21億米ドル ・ホテル群、飲食群、ショッピング、サファリアミューズメントパーク、コンベンショ、劇場など ・カジノフロア=18,㎡(テーブル台、スロット1,台)、24時間営業休みなし。 パイロット対象は、その権益性の高さゆえ、ベトナム資本主体プロジェクトが優先対象となる方向。 北部クアンニン省Van Don Economic Zone(開発者:ベトナム Sun Group)、キエンザン省フーコック島(開発者:ベトナム Vingroup)が対象となる見通し。

コロナ・カジノ付近の注目ホテル

トナム政府グエン・タン・ズン首相は、 フーコック島でのカジノリゾート導入計画を承認した。 フーコック島というのは、 ベトナムの経済特区に指定され開発が進んでいる地域で、 ベトナム、カンボジア、タイの沿岸部に位置している。 今回のカジノ誘致は、グエン・タン・ ズン首相が海外からの投資を狙ったもので、 40億ドル以上の投資を求められている。 年明けの報道では、 2千台のマシンゲームとテーブルゲーム台を想定し、 30年間のライセンス契約を条件とすることなどが報じられている 。 近年の大型リゾートカジノ建設に目をつけたグエン・タン・ ズン首相の目論見は理解できるが、 テーブルゲームを台設置するのであればディーラーを含むカ ジノフロアで従事する人材育成が急務となる。 外資系カジノ事業者の投資をあてにする場合、 ベトナムと日本との違いは、ベトナムは、 外国人を対象としたカジノは現在でも存在していることと、 人口が約9,万人と少ないことだ。

ベトナム:新型肺炎 4月1日より全カジノ施設閉鎖 15日まで目途~一部除き外国人専用

ベトナムにはカジノがあることを知っていますか? 年齢などに制限はあるものの、ベトナムではカジノを楽しむことができます。とはいっても、ベトナムに来た際にどこのカジノがおすすめであるのかわからない方も多いのではないでしょうか? 今回はハノイ、ホーチミン、ダナンのおすすめのカジノやベトナムでカジノを楽しむ際に気をつけたい服装や年齢制限などについても紹介します。 ベトナムのカジノは基本的に21歳以上から入場可能です。 一部のカジノでは18歳以上で入場できる場合もあります。 また、ベトナムのカジノでは基本的にドレスコードは無いので自由な服装で行くことができます。カジュアルな服装やビーチサンダルなどで露出が少なければ大丈夫ですが、カジノによっては入店を断られる場合もあります。それなりにTPOをわきまえた服装で行くようにしましょう。 日本人シェフとソムリエの情熱とこだわりを味わえる炭火焼ステーキハウス「イル・コルダ」。 シェフ厳選の豪州産ブラックアンガスや豪州WAGYU、和牛A5等級まで幅広く揃え、炭火の香りと肉汁を逃がさない独自の焼成方法でしっとり柔らかに焼き上げます。 人気は厚切り牛タン炭火焼(38万ドン)とブラックアンガスリブアイステーキ(59万ドン)。 おまかせディナー(2名様〜)は万ドン〜。 ホーチミンの日本人街・レタントンに佇む居酒屋「食酒空間 晴レ屋」。豊富な居酒屋メニューや定食メニューの他、宴会メニューも用意しているので大人数でも利用可能。おすすめは、晴れ屋名物骨付き鶏(12万ドン)。秘伝のスパイスと弾力のある歯ごたえが病みつきになります! ホーチミンを一望出来るファンビッチャンの絶景ルーフトップレストラン。エレベーターを降りると、そこには落ち着いた温かみのある雰囲気が広がっています。 広々とした店内で、家族や友人、恋人とちょっと豪華なお食事を楽しみながらゆったりと時間を過ごすことができます。 ハノイの旧市街中心に佇む「MF Boutique Spa」。高級な佇まいながらもコスパ抜群のスパは観光の際にもおすすめです。高級感溢れる空間と経験豊富なセラピストによる巧みな技で、極上のリラクゼーションをお届けします。

ディスカッション