利便性

世界のカジノ一覧、国別にカジノホテルも徹底紹介

トップ世界のカジノ 36323

ということで今回この記事では、 【世界のカジノ人気ランキングTOP10】 と題して、どこのカジノの規模が大きいのか?ランキング形式でまとめてみました!

その他のおすすめ特集

会員登録 マイページ メニュー マイページ。 週末を利用して気軽に行ける距離。 日本語が通じるところが多いのも魅力 日本から約2。 世界最大級のカジノ都市に成長しただけでなく、 エンターテインメントも急速に発展中 もとポルトガル領のマカオ。 世界遺産にも登録された歴史的建造物が市内にあるほか、中国料理とポルトガル料理がミックスした、マカオ料理が堪能できる。香港から高速艇で約1時間で行ける距離とあって、日帰りのディスティネーションとしてはとてもポピュラー。せっかくなので、ここでカジノ体験してみては?もとより「東洋のラスベガス」と言われていたマカオだが、年代に入り、外資の積極的な導入をきっかけに、次々に豪華なカジノ&リゾーツがオープンし観光客の数が倍増。今や本家のラスベガスを抜いて、売上では世界最大のカジノ都市に。カジノはカジュアルな雰囲気で、気軽に参加できる。人気のゲームは大小やバカラだ。マカオの魅力はカジノだけではない。近年、力を入れているのがエンターテインメントで、さまざまなショーが見られる。女性には高級エステなども楽しみだ。 カジノ解禁になりオープンした、 2つの統合型リゾートが話題 長い間カジノが認められていなかったシンガポールだが、年についに解禁になり、カジノとホテル、モールなどを含む統合型リゾートが2軒オープンした。 3つの高層ビルを屋上で連結したマリーナ・ベイ・サンズは、のテーブルとのスロットマシンが並ぶ、単独としては世界最大級のカジノだ。ショッピングモールや劇場なども併設した大型施設で、このホテルの人気も高い。なかでも絶景が眺められる屋上プールは、入場が宿泊客のみとあり、このリゾートの宿泊が目的でシンガポールを訪れる人も少なくないという。もうひとつは、リゾート地のセントーサ島にあるリゾート・ワールド・セントーサ。カジノだけでなく、ユニバーサルスタジオや世界最大級の水族館シーアクアリウムなどのテーマパーク、複合プールを併設した大型施設で、見どころいっぱい。こちらは家族連れに人気だ。

1. ザ・ベネチアン・マカオ The Venetian Macao : 中国、マカオ

完全日本語対応、サポートも日本語で迅速に対応 してくれ、英語アレルギーでも安心(笑)。 シンガポール マカオ 香港 韓国 台湾 フィリピン ベトナム マレーシア カンボジア ラオス ミャンマー タイ 東南アジア インド ネパール スリランカ カザフスタン オーストラリア ニュージーランド ニューカレドニア バヌアツ オセアニア グアム サイパン。 アメリカ ラスベガス ハワイ カナダ メキシコ アンティグア・バーブーダ アルバ ドミニカ共和国 ハイチ パナマ バハマ。 アルゼンチン ウルグアイ コロンビア チリ パラグアイ ブラジル ペルー。 トルコ アラブ首長国連邦(UAE) 南アフリカ エジプト モロッコ チュニジア ケニア。 イギリス・イングランド フランス モナコ イタリア スペイン ドイツ オランダ オーストリア ベルギー デンマーク フィンランド スウェーデン アイルランド ポルトガル スイス リヒテンシュタイン ルクセンブルク マルタ ノルウェー スロバキア ロシア ベラルーシ ボスニア・ヘルツェゴビナ ブルガリア クロアチア キプロス チェコ エストニア ギリシャ ハンガリー ラトビア リトアニア 北マケドニア モンテネグロ ポーランド ルーマニア セルビア スロベニア ウクライナ アルメニア ジョージア。

トップ世界のカジノ 42217

世界で最も規模の大きなカジノは?

その名の通りイタリアのベネチア ベニス をテーマに設計されています。施設内にはコンサートやバスケットボールやボクシング等のスポーツ試合が開催される15,人を収容できるコタイ・アリーナや、店舗以上のショッピングモール、50以上のレストランやバーがあり、まるでそれ自体がひとつの街のよう。 ベテランプレイヤーの方にお勧めなのがザ・ベネチアン・カジノのVIPクラブであるPaiza Club。クラブ内には独自のラウンジ、レストランがあり、プライベートのゲーミングルームがあり、メンバーは24時間いつでも利用する事が出来ます。 シティー・オブ・ドリームスにはカジノ以外にも楽しめるアトラクションがたくさんあります。「the House of Dancing Water 水舞間」や「TABOO」といったショーや、バーチャル水族館「Vquarium」、マカオ最大のクラブ「Club Cubic」、レストラン街「SOHO」一流ブランドを取りそろえたショッピングモール、子供用の遊戯施設など。家族連れでも楽しめるリゾート施設となっています。 第4位はマカオの内港 Inner Harbor に位置するポンテ16。年にオープンした、ポルトガル風の総合リゾートです。カジノが集まるストリップからは離れていますが、観光地に近く、カジノだけでなく観光も満喫したい方には絶好のロケーションです。リゾート内には5つ星ホテル、ソフィテル・マカオが入っている他、9つのレストランやバー、そしてアジア唯一のマイケル・ジャクソン・ギャラリーがあります。 第5位は南半球随一の規模を誇る、南アフリカ共和国のリオ・カジノリゾート。ブラジルのリオのカーニバルをテーマにした総合リゾートです。年にTusk Rio Casino Resortとしてオープン、その後年にPeermont Globalが買収しリオ・カジノリゾートとして生まれ変わりました。 サンズ・マカオ カジノにはテーブルゲームが充実しており、その数はなんと台。ゲーミングエリアの規模では第6位ですが、テーブルゲームの多さでは世界トップのカジノです。ブラックジャック、ルーレット、バカラ、クラップス等の定番テーブルゲームはもちろん、スリーカード・ポーカーやスリーカード・バカラ、ドラゴンエレメント・ルーレット、カジノ・ウォーなどもプレイする事ができます。

ディスカッション