利便性

【2020年版】日本のカジノ: IR)最新情報まとめ!有力候補地とIR法案を徹底調査

カジノリゾート参入方針バカラ実践 49179

神奈川県は繁華街がある横浜が候補地になっています。横浜市は広いですが、カジノの誘致に向けて動いているのは、 「山下ふ頭」 です。山下ふ頭は横浜中華街や赤レンガ倉庫の近辺といえばイメージしやすいでしょう。

既に候補地として見送り・辞退した都市

IR法案が年に可決され、将来的に日本国内で大々的なカジノ事業が始まることは、すでにほぼ確定しています。日本は賭博行為(ギャンブル)を禁止していて、公営ギャンブルだけが例外的に認められる賭博行為で、それ以外は名目上存在していません。 しかし、「日本におけるギャンブル」というとやはりパチンコ、パチスロが筆頭でしょう。あくまでも「遊技」という位置づけでギャンブルではないという認識のグレーな存在ですが、これを除いて日本のギャンブルを語ることはできません。 そんな分野でトップクラスのシェアをほこる セガサミーホールディングス セガサミー はすでに韓国でIRの運用を行っており、日本国内でもIR運営企業(IRオペレーター)として名乗りを上げる準備をしているようです。セガサミーに関する情報をご紹介いたします。 引用元: 仁川国際空港近くに誕生した統合型リゾート施設「パラダイスシティ」 | 韓国観光公社。 今、日本のパチンコ、パチスロメーカーは次々「 カジノ用筐体 」を開発、発表しています。これまでホールで活躍していた機種をコンセプトにしているものも多く、カジノ解禁からプレイヤーの流入が見込めるような魅力あふれる筐体をリリースすることに躍起になっていますが、その点では国外でいち早く実践しているセガサミーが一歩抜け出している形です。

ディスカッション