利便性

【政治】 橋下市長 「任期中に、大阪にカジノを」橋下・松井両氏、香港のカジノ運営会社CEOと会談

カジノ大勝利慰安婦橋下スロット 59449

関西ローカル 紫ババアVSハゲ。

2015年4月 1日

これはいかに外国に利益を与えないかによって、 この法案の評価が変わってくる 結局パチンコ経営の朝鮮人が合法的に博打で儲けられるようになるのなら それは悪法以外の何ものでもない。 って民間か。話にならん ギャンブルは全て国営にして 利益は全部国庫に入れろ 民間にギャンブル経営させるな どうせ外国 朝鮮人含め 資本が大半だろうし。 さすが、穢多、在日、ヤクザが支持するだけの党だな。 さすが、穢多、在日、ヤクザが支持するだけの党だな。 さすが、穢多、在日、ヤクザが支持するだけの党だな。 さすが、穢多、在日、ヤクザが支持するだけの党だな。 さすが、穢多、在日、ヤクザが支持するだけの党だな。 さすが、穢多、在日、ヤクザが支持するだけの党だな。 さすが、穢多、在日、ヤクザが支持するだけの党だな。 さすが、穢多、在日、ヤクザが支持するだけの党だな。 さすが、穢多、在日、ヤクザが支持するだけの党だな。 さすが、穢多、在日、ヤクザが支持するだけの党だな。 さすが、穢多、在日、ヤクザが支持するだけの党だな。 日本にカジノは不要だよ。 真の日本観光や、日本に何度も来る様になる外国人は… 最終的に日本の安全で…の~んびりした 田舎や暮らしに憧れる。 穏やかで色彩溢れる人々と自然に…。 無論、早く安全で時間通りに運行する 公共交通機関を使えば刺激のある都市にも行けて楽しめる。 新たな利権を産むカジノは日本の観光に必要か? 不要だろ。 恐らくカジノに群がるのは成金シナ人やチョン。 日本に来ないで欲しいヤツラらばかり。 これでもカジノがいるか? 人の財布をアテにするのは観光とは言わんよ。 石原も橋下も知事時代からの念願だろ 外貨獲得、地域経済活性、雇用創出には強力な切り札なんだよ つーかおまいらみたいな貧民の行けるところではないから安心しろ。

橋下徹大阪市長 「日本維新の会は既成政党が避けているカジノ基本法を争点に参議院選挙を戦います」

死刑囚を収容するのは刑務所ではなく拘置所。拘置所の職員が死刑執行を担当する。死刑を宣告される被告人だから何も本人に言い分がないかというと、そうとは限らない。そして、確定した死刑囚となったとしても、親兄弟そして妻や子などの関係者はいる。  この本は、刑務所・拘置所の現場を知った人(元職員)によるものだけに、臨場感にあふれています。  それにしても、熊本や福岡が舞台になっているのには、驚かされました。  たしかに、熊本県北部を舞台として凶悪な殺人事件が起きたことがあり、犯人は死刑が宣告されて確定したと思います。  そして、大牟田市が登場し、福岡拘置所が舞台となるのです。博多拘置所として登場します。  大牟田弁、博多弁が出て来ますので、私にはとてもなじみやすい本でもありました。福岡県南部の暴力団抗争事件も背景事情として描かれていますが、実際、少なくとも十数人が抗争によって殺されたと思います。  拘置所や刑務所の職員の派閥抗争も問題となってますし、名古屋であったような刑務官による被収容者(囚人)暴行事件も登場します。  そして、職員が被収容者の秘密通信を手伝う行為があることも描かれています。このハト行為は、結局、発覚してしまうのですが・・・。  私も20年以上も前、福岡刑務所内で銃の密造事件が発覚したとき、刑務所内でひそかにタバコを吸っていたことがあるという体験を聞かされ、驚いたことがあります。  ともかく、とりわけ弁護士には読んでほしい本だと思いました。 (2015年2月刊。1600円+税)。 自閉症の本人が語っています。目が開かされる思いです。  どんな言葉が、いつ出るのか、自分でも分からない。昔おぼえた絵本の一節、繰り返し聞いたコマーシャル、記憶の中で印象に残っている単語などが、勝手に口から飛び出てくる。  話を途中で止めるのも大変。どうにかなりそうなくらい、せっぱつまった感じで話している。言葉は、自分の意思ではおさまらない。言葉は、なかなかコントロールできない。 いつもと違い状況で会うと、その人が誰なのか、認識できない。記憶で一番はっきりしているのは場所だから。違う場所で会うと、その人だと分からないのは、背景が違うので、大きなヒントがなくなるから。  話そうとすると頭が真っ白になってしまい、言葉が出てこない。話せない人は、みんなが思っている以上に、繊細だ。  気温にあった服装の調節、ジャンケンもうまくできない。手にもっている物など、すぐに何でも口に入れてしまう。汚い物ときれいな物の区別が、分かりにくいのも理由の一つ。  時間は、本当につかみきれない。時間の流れを記憶しにくいので、時間そのものが苦痛だ。自閉症の人の反復行動は、自分なりの「きり」がつかなければ、終わりにはならない。自分で納得できなければ、終われない。 自分が納得した仕事については、教えられたことをしっかりやり遂げることができる。  自閉症者は、光や砂、水が好きだ。光を見れば心が躍るし、砂を触れば心が落ち着き、水を浴びれば生きていることを実感する。  カラオケが大好きな自閉症の高校生でもあります。大勢の人の前で講演している写真があります。人前で声は思うように出ないとのことですので、どうやって講演しているのでしょうか。  すぐそばに母親がついています。著者の手を握って、パニックにならないようにしている感じです。  NHKテレビでも放映されたそうですが、とても貴重な体験記だと思います。これからも元気に過ごしてほしいと心から願います。 (2014年12月刊。1600円+税)。 大岡昇平の『レイテ島戦記』を思い出しました。レイテ島の密林でアメリカ軍に追い込まれた日本軍の哀れな情景が描かれた本ですが、それは作者の実体験に裏付けされています。  ところが、この本は、なんと30代の青年が戦場を見事に「再現」しているのです。  まさしく見てきたような「嘘」の世界なのですが、真に迫っていて、体験記としか思えないのです。作家の想像力とはこれほどの力があるのかと思うと、モノカキ志向の私などは、おもわずウーンと唸ってしまい、次の声が出なくなります。 腹の上には、小さな鉄の固まりがあって、それを、両手で強く握りしめていた。あたかもそれが、自分の魂であるかのように。そして、背嚢のどこかにあるだろう、指の骨のことを思った。アルマイトの弁当箱に入った、人間の、指の骨。その指の骨と、指切りげんまんしたのだ。  衛生兵は患者が死ぬたびに、指を切り取っていた。何本も切り落としているので、コツを摑んでいるようだった。骨の繋ぎ目に小刀の刃を当てて、小刀の背に自分の体重を乗せて、簡単に指を落としていく。  死体から指を落としても、出血は殆どなかった.切断面から赤黒い血が、ベニヤ板へとろりと垂れるだけだった。  いつか小銃も失った。南方とはいえ、山地の夜は寒い。衰弱した兵は、それだけでも簡単に死ぬ。常夏の南の島で凍死するのだ。  その一帯の密林から毒草と電気芋しか採れなかった。電気芋を食べた兵は、全身を痙攣させて地べたを爪で掻き毟って死に、毒草を食べた兵は、口の周りを燗れさせ緑色の泡を吹いて死んだ。 果たしてこれは戦争だろうか。我々は、小銃も手榴弾も持たず、殆ど丸腰で、軍靴の底の抜けた者は裸足で、熱帯の黄色い道を、ただ歩いているだけだった。  これは戦争なのだ。呟きながら歩いた。これも戦争なのだ。  わずか頁の戦争小説です。まるで、南国の密林に戦場に一人置かれた気分。戦争なんて、イヤだ、と叫びたくなる小説です。  安倍首相は、こんな戦場のむごたらしさを描いた本は絶対に読まず、目をそむけてしまうだろうと思いました。だって、典型的な口先男だからです。 (2015年3月刊。1400円+税)。

ディスカッション