利便性

ナイキ「速く走れるマラソンシューズ」の衝撃

トップランナーランナーカジノ 48492

このシューズは2万円(ナイキオンラインストアでの税込み価格)とランニング用としては格段に高い。にもかかわらず品薄状態が続いている。新色登場で人気度はさらに高まることが必至だ。そこで、ナイキ マーケティング担当・加部槇太郎さんに、ズームヴェイパーフライ4%に対する疑問をぶつけてみた。

スポーツ用品の技術革新はどこまでOK?

マラソン日本記録保持者のプロランナー・大迫傑選手(28)の妻で元SKE48の大迫あゆみ(30)が28日、都内で栄養セミナー「半端なくない 大迫家の食卓」を開催した。    アスリートのパフォーマンスを最大化するための食事学「アスリートフードマイスター」の資格を持つ大迫が普段、どんな食事を夫に提供しているかを披露。トレーニング内容や状況を見ながら毎日メニューを決め、和食中心の料理を食卓に上げているそうで「食事がレースへのプレッシャーにならないようにしたいので、特別なものは用意しません。それは、無理せず継続できるように、そして一日トータルで栄養を満たすという考えからです」と話した。 東スポTOP ニュース 「もんじゃ焼き」が好物 妻・大迫あゆみが明かすトップランナー・大迫傑の食卓事情とは。 大迫あゆみ  マラソン日本記録保持者のプロランナー・大迫傑選手(28)の妻で元SKE48の大迫あゆみ(30)が28日、都内で栄養セミナー「半端なくない 大迫家の食卓」を開催した。    アスリートのパフォーマンスを最大化するための食事学「アスリートフードマイスター」の資格を持つ大迫が普段、どんな食事を夫に提供しているかを披露。トレーニング内容や状況を見ながら毎日メニューを決め、和食中心の料理を食卓に上げているそうで「食事がレースへのプレッシャーにならないようにしたいので、特別なものは用意しません。それは、無理せず継続できるように、そして一日トータルで栄養を満たすという考えからです」と話した。  そんな大迫家では、タンパク質を効率よく摂取するために、もんじゃ焼きを食べることも多いという。「野菜も取れるし、なにより夫が好きなので、義理の母からレシピを聞いて作っています。このメニューを出すと、楽しんで食べてくれるのでうれしいですね」  飲み物にも気を使っており、コンディショニング飲料としてはミネラル入りの麦茶を愛飲しているという。毎日の食事に出すのはもちろん、海外への遠征にも持っていかせているという。 「余計なプレッシャーがなく、無理せず努力を継続できることが競技力を高める秘訣」ということがモットーの夫を家庭料理で完璧にサポート。このことがレースでの強さにつながっているようだ。 人気ランキング 一覧をみる。

「靴」に注目すると、観戦はもっと楽しくなる

大きく2つあると私は考えています。1つは、『SHOE DOG(シュードッグ)』にナイキの創業時の様子が描かれていますが、創業者のフィル・ナイトは陸上選手出身で、「利益先行」ではなく、つねに「ランナーファースト」です。 ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。 トップ 新型コロナ ビジネス 政治・経済 マーケット キャリア・教育 ライフ 鉄道最前線 自動車。

■好記録続出、前モデルと何がどう違うのか?

ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。 トップ 新型コロナ ビジネス 政治・経済 マーケット キャリア・教育 ライフ 鉄道最前線 自動車。

トップランナーランナーカジノ 59528

■ナイキの「新・厚底シューズ」が1~5位を独占

彼らが履いていたグリーン色のシューズは、4月24日に発表された「ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%」というモデル。以前、キプチョゲが世界記録を樹立したときに履いていた「ズーム ヴェイパーフライ4% フライニット」は、前モデルからアッパー部分を伸縮性のあるフライニットという布地に変えただけだったが、今回はかなりアップデートした。 同シューズの開発・マーケティングを担当しているブレット・ホルツ氏(ナイキ ランニング フットウェア ヴァイス・プレジデント)に直接話を聞く機会を得たが、細かい部分までしっかり計算されていることに驚かされた。 ズーム ヴェイパーフライ4%は当時ナイキで最も速いシューズとされていた「ズーム ストリーク6」よりランニング効率が平均4%高くなることがわかり、シューズに「4%」がついた。今回はあえて「ネクスト%」という数字のないネーミングにしているが、そこに大きな可能性が潜んでいる。 ロンドン市内の直営ショップ「ナイキタウン」では4月25日から「ズームエックス ヴェイパーフライネクスト%」を限定販売(販売数は非公表)したが、3日後のロンドンマラソンですでに履いている市民ランナーが数十人もいた。 メジャーが注目する"岩手と剛速球"の秘密 1試合円"草野球審判"を続ける理由 筋トレの新常識「追い込みすぎはムダだ」。

ディスカッション