条件

プロポーカーの副業 - 海外のポーカー大会で賞金獲得!数多くの日本人が活躍中

現金万円ポーカーのブラフ 47082

旅行予約サイトは、 世界最大手のエクスペディア と、オトクなポイントに力を入れている 日本最大級の楽天トラベル がオススメです。

1. オンラインポーカーとは?

国内には仮想チップでポーカーやルーレットで遊べる店舗が多々あります。例えば、秋葉原では アキバギルド や 秋葉原カジノクエスト などが有名であり、トーナメントに入場料のみで出場することもできます。 ポーカーの実践を積めたら、頃合いを見て日本最大級のポーカー大会である ジャパンオープン に出場してみます。本格的なトーナメントで実力が磨かれますし、成績優秀者は日本代表としてマカオなどの世界大会に出場できます。 ラスベガス、マカオ、シンガポール、ソウル、マニラなどでは、ラスベガスのトーナメント大会が開かれています。世界最大は年1回開催される WSOP(ポーカー世界選手権) です。 WSOPには日本人プレイヤーももちろん参加しており、年には「ポットリミットオマハ・シックスハンデッド」にて木原直哉さんが優勝して万円を獲得、年には「ドルノーリミット・ホールデム」にて 中井孝浩さんが優勝して万円を獲得 しました。 規模が小さいソウルやマニラの大会なら、参加費が~ドルに抑えられますが、それでも 毎回30万円程度は失うリスクが付き物 です。その結果、負ければ一銭も手に入らず、時間を無駄にすることになります。

2. オンラインポーカーに必要なもの

まだまだWSOP(World Series Of Poker、毎年6月から7月にかけてラスベガスで開催されているポーカー世界選手権)は盛り上がっていますが、自分にとっての〝メインイベント〟が終わりましたので、その様子をレポートします。 昨年の同イベントの参加者はわずか87人(偶然ながら、今年もまったく同じ参加人数でした。一方、メインイベントの参加者は人近くになります)。参加費1億円のBig One For One Dropという例外を除けば、もっとも(WSOPのトーナメント優勝者がもらえる)ブレスレットに近いトーナメントであるとも言えます。 とはいえ、このイベント参加者はポーカーファンならば誰でも顔と名前を知っているような有名プロが大半。〝密度〟もまたWSOP随一と言ってよいかもしれません。 さて、なんでまたそんなイベントに好きこのんで参加したのか。 まぁ、「あわよくばブレスレット」という考えがあったことも否定できませんが、NLSDは自分がもっともハマっているポーカーで、オンラインで開催されているウィークリートーナメントにもほぼ毎週参加しているのです(このサイトにも、何度か戦術などをアップしています)。 そもそもトーナメントが開催されること自体がまれなので、年に一度のチャンスに腕試しをしたいと思った次第です。

現金万円ポーカーのブラフ 22122

【日本人最高位】ポーカー世界大会で3500万円を獲得した伝説の瞬間。【WSOP2019】


ディスカッション