条件

フィリピン、ゲーミングオペレーターの外国人スタッフ取締りの動き

オンラインギャンブルマニラカジノ 28769

フィリピンでのギャンブルは16世紀以来存在しており、今日もなおこの国で普及しています。 現在、群島のほぼ全域で見つかっているさまざまな法的および違法な形態があります。 政府は、チャンスゲームの規制と運営を目的としたフィリピンのアミューズメント・アンド・ゲーミング・コーポレーション(PAGCOR)を通じたギャンブル、政府資金の創出を担当していますが、特定の形態のギャンブルを扱ういくつかの公的機関と民間機関もあります。 特に、PAGCORの下で賭けるカジノは、国の観光と収入にとって不可欠です。 フィリピンにはマカオよりも多くのカジノがあり、メトロマニラだけで20名が見つかりました。

SPECIAL ADVERTISING SECTION

フィリピン経済特区庁「Philippine Economic Zone Authority(略称:PEZA)」とは、国内のある一部の地域を特別区域と定め、そこに入る企業に多くの優遇措置を与える為の経済特区を管轄する機関になります。国内の雇用促進などを目的に、海外の企業などを国内に誘致する為に作られており、以上の企業が特区に入居しています。 認めない理由としては、以下があげられました。 ・そもそもPEZAが管轄する業務ではない ・既存のBPO関連企業の営業やイメージに影響を及ぼす可能性がある。 フィリピンの首都マニラには、オンラインカジノを運営する企業が社以上あります。今回の決定によって、フィリピンでの事業存続ができなくなるという訳ではなく、あくまでPEZAから除外されるという事になります。 これにより各オンラインカジノ事業者は、税制の優遇措置を受けられなくなるとともに、PEZAのオフィスビルの安い賃貸料金の優遇も受けられなくなります。 という事で、単純に利益率が低下してしまうという流れになります。 フィリピンには、以上の経済特区があります。今回の決定が単にPEZAだけの物という事であれば、フィリピンの他の経済特区であり、オンラインカジノ事業者も多い、カガヤン経済区庁「Cagayan Economic Zone Authority(略称:CEZA)」や、ザンボアンガ特別経済区庁「(Zamboanga City Special Economic Zone Authority(略称:ZCSEZA)」などに移れば良いだけという事も考えられます。 また、今回の決定にあたり、PEZAは「No」という結論を出しましたが、大統領府からは、「PEZAが認可したITビルでのオンラインカジノ事業を認めるよう要請を受けていた」という経緯もあります。 世界的に見ると、ギャンブル事業者は多くの利益を抱える「お金持ち企業」である為、禁止するのではなく、「多くの税金を納めてもらう」という方向に進んでいる傾向があります。 フィリピンも優遇措置を止めて、この流れにもっていきたいという事なのでしょうか? 政治的にも安定しているとは言いにくい国ではありますので、今後、まだまだ変わっていきそうです。 ワールドカジノナビ カジノニュース フィリピンに本社を構えるオンラインカジノは今後どうなっていくのか!? 関連する記事 登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア 最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・ Sponsored。

オンラインギャンブルマニラカジノ 18569

急拡大するネット経由のカジノは政府の貴重な財源だが犯罪の温床にも

フィリピン 国防総省は、国内で急増する中国のオンライン カジノ 労働者の影響を調べているなか、数千人の中国軍兵士がフィリピンに潜入しているとの報告を受け、調査している。 大紀元 フィリピンのオンラインカジノに中国軍兵士が数千人規模で「潜伏」か。

ディスカッション