共存

ホテル マジェスティック サイゴン : HOTEL MAJESTIC SAIGONの詳細を見る

登録方法なマキシムズカジノク 27767

JavaScriptが無効の為、一部のコンテンツをご利用いただけません。 JavaScriptの設定を有効にしてからご利用いただきますようお願いいたします。 ( 設定方法 )。

登場人物一覧(オンライン)

乗り物一覧 雑談用掲示板 強盗:ダイヤモンドカジノ。 乗り物一覧 雑談用掲示板 チート。 後のローライダーアップデートにて彼が主役となる『ラマーミッション』が追加。 ロスサントスの王者を目指すためプレイヤーたちに様々な仕事を押し付けてくるも、ことごとく裏目に出てしまう。 最終的にプレイヤーに助けられ再起を誓い別れるも、それ以降これといった出番はない。 オフラインでは各種ミッションでそれなりに活躍や漢気を見せてくれたりしていたのだが、残念ながらオンラインではそういった一面は一切見られず、株が駄々下がりとなっている。 強盗ミッション『ドラッグ強奪』でも主要キャラクターとして登場、プレイヤーを(勝手に)TP工業の社員へと迎え入れた。 強盗ミッション中はライフインベーダーの写真からバラスのハッパの保管場所を察知するなど、オフライン同様トレバーの頭の切れる部分が見受けられる。 またオブザーバーとしてだけでなくフィナーレではプレイヤーらと共に戦ってくれるため、全国のトレバーファンが歓喜したことだろう。 なお同フィナーレの結末にて、オフラインで登場したとあるアイテムの出自が判明する。 プレイヤーは彼のカルテルと敵対関係ではないが、極秘貨物やバイカー、銃器密造ビジネスにて一部の売却や調達のパターンの際に追っ手を差し向けて来たり、炭鉱や地下下水道、リサイクルセンターなどで彼のカルテルを襲撃し原材料を奪うことになる。 が、目撃者が全滅していたり手下の記憶力がよろしくないからか 彼にバレることはない。 自らを犯罪者と名乗ったり刑務所暮らしをして学位も獄中で取ったと語るが、喋り方や物腰はどこかインテリっぽく「これまでに多くの工作員を失った」などの発言から組織的な人物でもある。 『脱獄大作戦』では個人的にディマ・ポポフの命を狙っていたりアリバイを作るため公衆の面前で犯罪行為を行なったり、さらに『ヒューメイン研究所襲撃』では「計画を台無しにしたら殺す」とプレイヤーたちを脅すなど、彼もGTAキャラクターの例に漏れず中々のサイコぶりを発揮。 民間軍事会社メリーウェザーのCEOであるドン・パーシバルを毛嫌いしており「戦争で儲けてる右翼のクソ野郎」と評している。 上記強盗以降はしばらく出番もなかったが『銃器密造アップデート』から再登場。主人公に地下基地や機動作戦センターの購入を勧め、調達と売却の際は全力でサポートしてくれる。その輸出した銃器は何らかの工作に使っていると思われる。 『強盗:ドゥームズ・デイ』でも登場。前回のキャラとは一転して敵対組織に誘拐されたり、救出後は熱い手の平返しでプレイヤーらをベタ褒めをするなど間抜けでコミカルな一面も見られるようになった。 余談だが日課として毎朝ジョギングを行なっている(その最中、上記の誘拐に遭う)他、ウルトラマラソンの経験もあるらしい。 後にIAAのエージェントと判明したがラックマンら組織内の人間からも「14」と呼ばれており、やはり本名は不明。 彼の役目はIAAの権威拡大及び国家からの予算増額のため、国内外に脅威を作るマッチポンプの火付け役と思われる。その特殊な任務の性質上、上司であるラックマンですら彼の人事に関われないようだ。 警察機関との繋がりも深いらしく、ドゥームズ・デイ第3幕フィナーレを終えるとレスターから「エージェント14が警察に手を回して~」という連絡以降、手配度消去が無料になる。

ディスカッション