共存

ネットカジノは勝てないは本当?

カジノ控除率カードを守る 32605

経済学の教科書によると、情報の非対称性 Information Asymmetry とは、二つの経済主体が、取引や契約などの何らかの関係にあるとき、一方の経済主体が他方の経済主体よりも多く情報を持っている、つまり、情報が偏在している状況を意味する。この情報の非対称性がある場合、情報をより多く持っている主体がその立場を悪用して、不正を働くことがある(卑近な例では、資金の貸出人は借入人がどのように金を使い、活用し、返済を考えているかを正確に知ることはできない。これを悪用して、借入人が借金を踏み倒すような事象を情報の非対称性を悪用したモラル・ハザードという)。カジノの場合にもこれは起こりうる。ハウスと顧客が保持する情報が必ずしも同じレベルではないことを悪用して、ハウス側が不正な行為により顧客をだます可能性を意味する。たとえば、顧客はゲームのルールが公正で、一方的に不利な状況にはないことを確認する手段をもたない。ルールの中に、顧客には解からないように、一方的にハウスにとり確率的に有利な前提を設定することは不可能ではない(これは、顧客勝ち分の配当に関するルールを顧客に解らないようにハウスに有利に設定するなどの考え方になる。説明しない限り、これを顧客は理解することができない)。あるいは、スロット・マシーン等の電子式ゲームは一定の論理回路基準に基づき、公正な確率で顧客にあたりを設定することが制度上の義務となるのが通例だが、これを改ざんし、顧客にとって不利な設定をすれば顧客が勝つ確率は減ることになり、ハウスは確実に儲けることができる(遊技における確率設定の考え方と同じである)。この場合、顧客にとっては何らの情報もなく、そもそも騙されていることを理解する術がない。本来顧客が勝つ確率を正確に理解し、この理解の上に立ち、賭け金行動をすることが適切なのだが、情報の非対称性が存在すれば、そうはならなくなる。

勝つためにはまずマイルール?

ざっくり言うと ギャンブルが好きなお金持ちが、資産運用として選ぶのは何だろうか 控除率の高い宝くじなどは勝ち目も低いが、カジノの控除率はおよそ2~5% 技術によって勝率を上げることができるため、お金持ちに好かれるという。 過大還付金 遊興費なら返還不要? 総合 国内 政治 海外 経済 IT スポーツ 芸能 女子 1。 小池知事 会見で不快感示す一幕 2。

東京とチェンマイを行ったり来たり

健全なオンラインカジノを語るうえで、このeCograという組織は無視することのできない存在である。通常、カジノの信頼性をみるためには運営実績、ソフトウェア、ライセンス発行元、運営者、サポートの品質、ペイアウト監査などが主な基準になるが、それをプレイヤーがいちいち正しく調べたうえで遊ぶのは容易ではない。 そこで該当するオンラインカジノが、評価基準となっているeCograからの認定を得ているかが分かれば、そこを利用してよいか一目瞭然。プレイヤーにとって貴重な評価基準となっているのだ。 eCograが設立されたのは2003年。それまではネット環境もまだ不完全であり、国境を越えたオンラインギャンブルの規制機関などはなかった。 そこで世界4大監査会社の一つであるPriceWaterhouseCoopers(PWC)の協力のもと、業界を横断するような意味ある基準作りを目指してeCograは作られ、第三者機関として今も着実に実績を上げている。前述の通り、eCograの主な使命はプレイヤーを守ることである。 プレイヤーおよびソフトメーカーに支持され、継続的にクオリティが維持される理由として、監査の後でも常にeGAPに基づいた監査が続いていることが挙げられる。 PWCなどは普通100ページ以上に渡る報告書をeCograに提出し、これをeCograの委員が精査するということになるが、そこで基準を満たしていない点について各カジノに通告し、不合格点を直した後、再監査となる。さらに、合格して認定された後でも、フォローアップレビューというものがあり、新たな基準が追加されるたびに監査が行われる。 上記の通りそういう意味では、すべてのカジノが一度は不合格になりうるのだ。 では少し立ち戻るが、eCogra登録前のソフトウェア会社により開発されたゲームは、そもそもどのような検定・検査過程を経て「完成」へと導かれていくのだろうか。 それにはまず検定を通過する必要があり、例えばTSTやitechlab、GA、 BMMなどの第三者機関による認証テストが欠かせない。とくにTSTは1993年にカナダで設立以来、ロンドンやマカオにも審査研究所を設けており、今ではギャンブル系のRNG(Random Number Generator=乱数発生プログラム)ですら、TSTを審査機関としては最大手として認識している。 さらにTSTは、米国ランドカジノのスロットで最大手のIGT(International Game Technology)の機械を検定していることでも知られる組織だ。 そうした信頼ある第三機関による認証テストをパスして、はじめてeCograの認証に至るのだ。 さてそうした重厚なチェックをパスしたソフトへの信頼性の裏付けとして、注目されるのがペイアウト率である。ペイアウト率とは、「賭けた金額に対して、払い戻される金額の割合」を表す。 ペイアウト率は競馬、競輪、競艇、オートレース、スポーツブック、カジノ、麻雀、宝くじ、ロト、キノ、ビンゴ、パチンコ・パチスロなどで「還元率」、「期待値」、「機械割」、「出玉率」、「払戻率」のようにギャンブルの種類によって表現されている。

カジノハッキング ~映画「ラスベガスをぶっつぶせ」に学ぶ一攫千金の公算 1/3~

ブラックジャック(Blackjack)は、トランプを使用するゲームの一種でカジノで行われるカードゲームではバカラと並ぶ人気ゲームです。 カードの合計点数が21点を超えないように、プレイヤーがディーラーより高い点数を得ると勝ちになります。 オンラインカジノにおいては、個人の裁量が入るゲームはブラックジャックとビデオポーカーのみです。あとゲームは運とベットコントロールのみでしょうか。 個人の裁量とはいえルールに基づくために基本戦略(ベーシックストラテジー)が確立されていますので、それを実践しながらベットコントロールしていくことが 確率的にカジノ側有利のルールを大きく縮小して勝利へつなげることができます。 手持ちのカードの数字の合計が 「21」 を超えない範囲で 「21」 に近い方が勝ちという単純明快なゲームです。 ブラックジャックは、プレーヤーとディーラーとの1対1の対戦形式で勝敗が決めることができます。 まずプレーヤーが自分の賭金を決め、テーブル上の指定された位置に賭金を置く事でゲームへの参加となります。 プレーヤーが賭金を置き終えると、ディーラーは各プレーヤーおよび自分 (ディーラー自身) にカードを2枚ずつ配ります。 ディーラーに配られた 2枚のカードのうちの1枚は全員に数字が見えるように表向きに配られます。この見えている方のカードのことを 「アップカード」 といいます。 プレーヤーはディーラーのアップカードからディーラーの最終的な数字の合計を予想しながら、 自分がさらにカードをもらうかやめておくかの判断をします。「21」 を超えるまでは何枚でもカードを引くことができます。 プレーヤーがカードをもらい終えた段階でディーラーは自分の伏せてある方のカードも表に向け、全員の前で自分の手を披露します。  この段階でディーラーは自分の手の合計が 「16」 以下であった場合は 「17」 以上になるまでカードを引き続けなければならないし、 「17」 以上になった段階でディーラーはそれ以上カードを引くことはできません。 たとえプレーヤー全員の手が 「20」 や 「21」 であったとしても、ディーラーは自分の手が 「17」 以上に達していたら新たにカードを引くことはできません。 つまりディーラーには自分の自由な意思で決められる 「プレーの選択権」 が何もないということです。  こうしてディーラーの手が決まると (つまりディーラーの手には 「17」、「18」、「19」、「20」、「21」 もしくは 「22 以上」 の 6通りしかない)、 あとはプレーヤーの手とディーラーの手を照合しながら勝ち負けの精算を行います。同点の場合は引き分けなので賭金は動きません。

ディスカッション