共存

中南米のカジノ・ギャンブル

地方にもアルゼンチンのカジノ 32281

ヨーロッパでは格式の高いカジノがあり、ネクタイ着用など服装が定められている「ドレスコード」を規定しているカジノが多く存在します。また、会員制と採用し格式を重んじたスタイルで運営し、特に高所得者層からの利用で、その地位を守っています。 アメリカなどに代表される、ショーエンターテイメントやコンベンションなどを複合した「テーマカジノ」ではなく、カジノギャンブリングだけの運営スタイルがヨーロッパ型の主な特徴といえます。

こちらの記事もいかがですか?

アルゼンチンでは、私たちが滞在中も労働省の高官が出勤途上、機関銃を乱射されて、護衛の警官1人を巻きぞえにテロで殺されたり、一部のゲリラが不穏な動きをみせたりしてはいたが、一般の市民生活は意外にのんびりしたものだった。  バリローチェは、アンデス山脈の氷河から流れ出す紺碧の水をたたえたラーゴ・ナウエル・ウアピのほとりに位置する。緑したたる山々にかこまれ、遠くには夏なお雪をいただくアンデスの高峰が望まれる風光明媚の地で、スイス風のしゃれたコテージなどが点在していて、旅行者をひきつける魅力がすべてそろっている。唯一の難点は強風で、散歩する気もおきないほど激しい風が1日じゅう吹きまくり、湖面には白い波が終日立っていた。  東京で資料集めをしていたころからねらいをつけておいたホテル・ジャオ・ジャオへ直行。湖畔の木立のあいだを縫う道のカーブを曲がったとたん、写真でおなじみのすばらしいホテルの全景が目の前にあらわれた。堂々たる大ホテルで、スイス風の白壁と木を生かした山小屋スタイルだ。幸いにも部屋はあいていた。ちょっと気がかりな部屋代は、1人2食付きで約5,200円という。  部屋はゆったりとしたつくりで、白木を生かしたベッド、室内の調度品も、ベッドカバーやカーテンも、細かい神経のゆきとどいたスッキリしたデザインで、床も白木なのがうれしい。バスルームはひろびろとしてスチーム暖房がほんのりときいている。非常に居心地のよい部屋だ。 みんなごきげんで、夜9時半から開く食堂にドレスアップして夕食に出かけた。食道楽の国の一流ホテルらしく、フルコースのディナーは質・量ともに満足すべきもの。いつも健啖(けんたん)ぶりを発揮する大賀チャンも、もてあますほどのボリューム。  翌朝、哀しげなカモメの鳴き声に目を覚ました。カーテンをあけてみると、湖をへだてて向こう側にびょうぶのようにそびえる岩山には、うっすらと新雪がおりていた。戸外の木々が激しく風雨に身をよじらせていた。  何週間かぶりに予定のない日。久しぶりにぼんやりと時を過ごす。これで大公トリオでもきこえてきたら最高なのだけれど……。  午後は雨もあがり、雲が切れてきたので、小高い丘の上に建つホテルの全景をカメラにおさめようと、かなたに見える小山に登りに出かけたが、途中で犬にほえられ、ほうほうの体(てい)で逃げ出した。なんとか小山の頂によじのぼり、写真はとったものの、犬がこわくて(鎖につないであるのだが、10メートルぐらいの距離を移動できる)、崖の反対側の道のないところを無理に下ってしまった。コロンビアで犬にかみつかれて以来、どうも犬は苦手だ。  ようやく車道が見えたので、やれうれしやと柵をのり越えると、見なれたわがレーチェ号が向こうからやってくるではないか!ハテ?と思って手をあげると、乗っていたのは大賀チャン1人。森チャンとブーチャンが「こんなすてきなところに来たのだから、若い、カッコいいボーイフレンドを探していらっしゃい」といって、車を貸してくれたのだそうだ。「それなのに、山の中から変な人が飛び出してきたと思ったら、グラチャンを拾っちゃうなんて!」と、彼女ブツブツ。あとでみんなで大笑い。気の毒なことをした。  こんなぐあいで、ロマンスの花も咲かず、もっぱら食い気だけ満足させて、バリローチェの束の間の休日は幕となった。 アルゼンチン人と旅行中話をすると、かならずといっていいくらい「マール・デル・プラタはすばらしいところだから、ぜひ行ってごらんなさい」とすすめられたものだが、バリローチェからブエノスアイレスへもどる途中で立ち寄った、アルゼンチン第1の海の保養地には驚いた。打ちよせる高波、細かい土砂で茶色に濁った海水、人びとはこの茶色い海で楽しそうに波とたわむれているのだ。ひと泳ぎしたら頭から砂だらけ。さらに目をみはったのは、ここに遊ぶ人の多いことだった。どこでも人がまばらにしかいないアルゼンチンにあって、ここだけは夏の湘南海岸も顔まけの混みようだ。マール・デル・プラタで夏をすごすのがアルゼンチンの金持ちの長いあいだの習慣みたいになっているので、軽佻(けいちょう)浮薄なやからが、われもわれもと押しかけてくる。夏の軽井沢みたいだ。  水が汚なくて、こんなところで泳げるか、という人のためにつくったのかどうかは知らないが、ここには南米一と自慢する大カジノがある。地方振興策という説もあるが、この国のカジノは首都の中にはなくて地方にある。おやと思うような辺鄙(へんぴ)な大草原のまっただなかのホテルなどにまである。金持ちの牧場主風の男が、タキシードを着こんでカジノに繰り込むのをときどき見かけた。 一夜あけたマール・デル・プラタには冷たい雨が降っていた。気の早いコート姿の男が襟を立てて、足ばやに人気のない海辺の遊歩道を歩いてゆく。きょうはブエノスアイレスに帰るドライブ旅行最後の日なのに、雨とはいやなことになったものだ。レーチェ号にはもちろんワイパーはついていないので、雨降りに高速でとばすことは不可能だ。おまけに悪いことに、ここからブエノスアイレスまでの国道2号線はいちばん交通量が多い。  しばらく空模様をながめていたが、しだいに空は暗くなり、雷まで鳴りだした。待っていてもだめ。アルゼンチンのような広い平原国では、天気が局地的に悪くても、何100キロか走ると好転する場合もあるので、それを頼みに走りだした。約400キロの行程だ。  いよいよホームストレッチ、「無事故でいきましょう」と、みんなちょっとあらたまる。雨は降ったりやんだりで、運転は神経を使う。ワイパーなしなので、ノロノロ運転になると先行車のテールランプを見ながらついてゆくよりほかなかった。  3月5日午後6時半、無事なつかしのブエノスアイレスにはいった。ヌエベ・デ・フリオの大通りは秋の到来を告げる、パロ・デ・ボラーチョのあでやかなピンクの花ざかりだった。

バリローチェの優雅な休日

JAPAN PayPay Yahoo. PayPay Yahoo. JAPAN REX CARD 1 2 816 816. 96 com Booking com 135. Booking com Booking com1 Booking com Booking com Booking com Booking com5 10OFFBooking genius JAPAN dd PayPay PayPayYahoo.

カジノで大勝利?【南米】アルゼンチンの通貨(ペソ)がヤバイ?インフレが急速に進むアルゼンチン!経済状況悪化?メンドーサより発信!


ショーエンターテイメントやショッピング・コンベンションなど複合サービスとの融合で出来た統合型カジノリゾート

Forgot account. 22 XY. 22 XY Let's Go.

ディスカッション